ヨーロッパDiary : day 12 雨のロンドン散歩

ロンドンといえば雨が多い街、しかも傘をささないというのが勝手なイメージ。
そんなロンドン、2日目は期待を裏切らずか??朝から雨スタート!しかも傘をほとんどさしてないじゃない!!普通雨というだけで憂鬱になりがちですが、傘もささずに颯爽と歩いている人々は潔くてなんだかかっこいいぞ。

雨をもお洒落に見せてくれるロンドン、さすがだなぁ〜。今日はそんなロンドンの定番観光名所を廻ってみたいと思います。

IMG_5075

まずはエリザベス・タワー。ビッグベンという名称があまりにも有名でしたが、エリザベス・タワーに変更したのは2012年のこと。
でも変更した「エリザベス・タワー」と言うのは中にある鐘のことで、時計台自体は「クロックタワー」というとか・・・
う〜ん、ちょっと複雑・・・間違えてしまいそうだけど、イギリスの象徴とも言える時計台はさすがの美しさ。

IMG_5081

引きで見てみて・・・エリザベス・タワーとテムズ川。うん、あまりお天気の良くない感じがこれまたいい感じ!

IMG_5085

バラもイギリスという国によく似合うイメージ。この季節に見れるとは思わなかったから嬉しい。
そして奥に見えるのは・・・

IMG_5095

ロンドン・ブリッジと思いきや、タワー・ブリッジ

IMG_5091

お恥ずかしながらよく見かけるこの橋をロンドン・ブリッジとずっと思っていましたが・・・ロンドン・ブリッジは同じくテムズ川に架かる橋ではあるものの、もっと控えめな感じのものらしく・・・
調べてみたら、世界で最も有名なのに最も勘違いされている橋ともありました。この説明、妙に納得。ごめんよ、タワー・ブリッジ。

改めてタワー・ブリッジ、ここからの眺めは素敵ですよ。

IMG_5092 (1)

低層に建ち並ぶ伝統感じる建築物、その後ろに今を象徴するかのような高層タワーの数々。きっとタワー・ブリッジはロンドンの数々の歴史を見てきてるんですね。

そこから楽しみにしていたマーケットに移動。

IMG_5113

Borough Market(バラ・マーケット)はロンドン最大規模と言われ、その歴史も最も古く、地元の人々や観光客で常に賑わいを見せています。

Untitled

生鮮品にチーズやオイル、食べ歩き可能な惣菜にゆっくりと寛げるレストランなど・・・とにかく美味しいもので溢れていて、キョロキョロと目移りしてしまう楽しさ。

そしてこのマーケットには美味しいブレックファーストから、本格的なディナーまで楽しめる「roast(ロースト)」というレストランがあります。ここが食通をも唸らす美味しさというから是非行ってみたいと思っていましたが・・・当日が土曜日ということもあり満席・・・ちょっと残念ですが断念。

IMG_5104 (1)

でもレストランの下にはroastの味をカジュアルに楽しめる「roast to go」が。
せっかくなのでこちらでサンドウィッチをいただきましたが、これ美味しかった〜。ジューシーなお肉に程よく酸味の効いたアップルソースが爽やかですごくバランスのいいサンド。
こうなるとやっぱりレストランが気になるところですが、ここもまた次に行きたいリストにとっておこう!

IMG_5107

こちらは違うお店で購入したパストラミサンドですが、こちらもボリューム満点美味しかった。

IMG_5116 (1)

日本ではあまり見ないジンジャーブレッドマンも可愛すぎるあまりついつい購入。オーガニックチャイと共に。

IMG_5114

ここのお皿もめちゃくちゃ可愛かった〜。食卓で主役になること間違いなしの1枚に出会えるはず?!

とにかく美味しい誘惑と楽しい物がいっぱいのバラ・マーケット、とりあえず朝早くからお腹を空かせて行ったほうが良さそうです。

この日は1日雨でしたが、時間が限られた旅行者にそんなの関係ない!
ダイアナ元妃の結婚式が挙げられたことでも有名なセント・ポール大聖堂にも行きましたよ。

IMG_5119

ですが、当日は何かの式典があったためか中までは入ることが出来ず・・・冷たい雨に濡れながら記念に1枚だけ。こういうトラブルも後になってみれば旅の楽しい思い出になるもんです。

もちろん有名観光スポット以外にも最先端のファッションやトレンドが発信されるロンドンですから、少し歩けばお洒落なショップやカフェなど、とにかく充実!ロンドンは時間がいくらあっても足りなさそうです!!

Borough Market(バラ・マーケット)

ロンドンの魅力がギュッと詰まった「歩いてまわる小さなロンドン」オススメです!

歩いてまわる小さなロンドン

価格:1,944円


2016-03-13 | Posted in TRAVELNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA