ヨーロッパDiary : day 8 美食の街 サン・セバスティアン

ヨーロッパ旅行3カ国目は美食の街としても有名な、スペイン バスク地方のサン・セバスティアンへ。
ですが、アイスランドからは直接行くことが出来ないのでまずはロンドン・ヒースロー空港へ。

IMG_4924 (1)

さすが、ロンドン!空港からなんかかっこいいぞ!
ただ、ご飯があまり美味しくないことで有名?なイギリス・・・フライトまではかなり時間があるので、腹ごしらえがてらチェック。

IMG_4927

サンドウィッチ、グラノーラヨーグルト、フレッシュジュース・・・選んだものが選んだものだけに、普通に美味しい・・・
ロール寿司は日本のお寿司とは全然違い、まさにロンドンクオリティーですが、嫌いじゃない!

IMG_4930

ロンドンから約1時間半でビルバオ空港に到着〜。ここからバスに乗り換え更に1時間半でサン・セバスティアンに到着です。
待ち時間もあったうえ移動も結構大変、追い打ちをかけるようにバス運転手の運転が荒いこと荒いこと・・・しかも着いた頃には辺りは真っ暗・・・この移動、なんだかすごい疲れちゃったなぁ。

しかしこの落ち込んだテンションを一気に盛り上げてくれるのがこの街の最大の魅力!

Untitled

何気なく入ったバルでピンチョスつまめば、もうご機嫌さ!!

そう、サン・セバスティアンは言わずと知れた美食の街。
小さな街ながらミシュランの星を獲得した名店が16店。そしてピンチョス発祥の地でもあり、至る所にあるバルではレベルの高いピンチョスやタパスが昼夜問わず提供され食いしん坊たちの胃袋を満たしてくれます。
高級店からB級グルメまで街全体が美味しいもので溢れてるんです。

バルはハシゴが基本と言うことで、地元の人を真似して私も早速近くのバルをハシゴ!

IMG_4939

2件目では言葉が全然通じ合わないながらなんとかお店のオススメをお願いすると、予想外の山盛りポテトが・・・

IMG_4937 (1)

まさかのこの一皿でお腹いっぱい・・・バルのハシゴ終了という。なんともほろ苦い梯子デビュー。
でもこのお店のガーリックポテト、サン・セバスティアンの公式バルガイドブックでも紹介されているもので確かに美味しかった。

立ち呑みのスタイルが多いサン・セバスティアンのバルですが、日本の立ち呑み居酒屋とは違ってかなりかっこいい。
みんなでワイワイ飲んでいるグループもあれば、ご婦人が一人でかっこ良くピンチョスつまみながら飲んでいたりと、バルの使い方はさまざまですが、みんなすごくいい笑顔。
「世界一美味しい街」サン・セバスティアンは明るい酔っぱらいが多くてとっても陽気、ご機嫌な街でもありました。

バスクの伝統的スパークリングワイン”チャコリ”
この「チャコリ・チョミン・エチャニス 2014」美味しかったです!

チャコリ・チョミン・エチャニス 2014

価格:3,002円


2016-01-29 | Posted in TRAVELNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA