シンガポールDiary:注目のお洒落エリア『ティオン・バル』

ぶら〜りシンガポール散策は、MRT(地下鉄)がとにかく便利なんです。
MRTは5つの路線が運行する地下鉄で、市街ほぼ全域を網羅しているため主な観光スポットへのアクセスもラクラク。
旅行者でも分かりやすいシステムに加え、とにかく車内がめちゃくちゃ綺麗で安全!

DSC_0180

しかも運行本数も多く、尚且つ安い!!ときたら利用しない手はないですよね。

DSC_2248

ほのぼのデザインが可愛い『シンガポール・ツーリスト・パス』はMRTや路線バスなどが乗り放題になるお得なカード。
アクティブに観光地を巡る人には絶対オススメ。という訳で3日券S$30を購入して街散策いざスタートです!

まずは、日本でいうところのどこでしょう・・・代官山?中目黒?
お洒落な人達が集まる注目のエリア「ティオン・バル」に。

DSC_2250

何気ない一枚もどこか洗練されていて、あまりアジアっぽさを感じない。

DSC_0036

シンガポールで最も古い公団住宅の景観をうまく活かしながら、ハイセンスなショップやカフェが次々とオープンしているというティオン・バルはとっても静かで穏やかな空気が流れてます。

DSC_0020

特に可愛かったPlain Vanilla Bakeryはもうアジアにいることを忘れてしまう、ヨーロッパの雰囲気です。

DSC_0015

スイーツも・・・

DSC_0016

カップケーキも見てるだけで本当に幸せな気分に!

DSC_0018

お店の前のオープンスペースも開放的でもし住んでいたら通いたくなるような心地よさ。

他にも住宅街にポツンポツンと現れるショップやカフェはどれもお洒落〜。
そんななか、シンガポール最初の食事に選んだお店はこちら。

DSC_0009

お洒落なお店には負けないわ!!と言わんばかりに一際アジアっぽいオーラをバンバン出していた「HUA BEE RESTAURANT」
地元の人達で賑わっていて、憩いの場のようなお店にはもちろん日本人なんていません。
英語も通じなければメニューもない・・・聞かれるのは太麺or細麺?、辛いのいるorいらない?だけ。
で、出てきたのがこちら。

DSC_0003

全く気を遣わない容器に入ったフィッシュボール・ヌードル。
辛味の効いた油そばに、フィッシュボールや野菜が入ったあっさりスープはシンガポールの定番メニュー。
ものすごく美味しいというわけではないですが、ローカルフードが食べてみたかったからなんだかとっても満足。しかも1杯S$3で安い。
決して入りやすい雰囲気ではないですが地元の日常を感じてみたい人にはいいかも。

DSC_0033

お店がたくさん建ち並んでるわけではないですが、とにかく静かで緑も多いティオン・バルはのんびりお散歩しながら街散策をしたいという方にはオススメです。

【本】シンガポール

価格:1,620円


2015-04-23 | Posted in TRAVELNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA