きのこたっぷり『牛肉ときのこの柳川風』

お買い物に行くと必ずチェックしてしまう「きのこ」。いろ〜んな種類のきのこがあって面白いです。そして気づいた事・・・この時期のきのこは安く売られている事が多い気が!!やはり秋から冬にかけての鍋シーズンに比べると需要が少ないからなのかな??

低カロリーながら食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているきのこをたっぷり使って今日は「牛肉ときのこの柳川風」を作ります。このレシピは恵比寿の日本料理店「賛否両論」のオーナーシェフとして有名な笠原将弘さんの本で紹介されていたものです。

牛肉ときのこの柳川風

DSC_0181

(レシピ通りですがのせさせてもらいます)

<材料>

4人分

  • 牛切り落とし肉 400g
  • しめじ 1パック
  • えのき茸 1袋
  • エリンギ 2本
  • しいたけ 4枚
  • 長ねぎ 1本
  • 三つ葉 1/3束
  • *だし汁 500CC
  • *しょうゆ 70CC
  • *みりん 70CC
  • *砂糖 大さじ2
  • 溶き卵 4個分
  • 粉山椒 適量

    <作り方>

  1. 牛肉は食べやすく切る。しめじは小房に分ける。エリンギ、しいたけは手で裂く。長ねぎ斜め薄切りにする。三つ葉は1cm長さのざく切りにする。
  2. フライパンに煮汁の材料を入れてひと煮立ちさせ、きのこ類、長ねぎを加えて煮る。煮立ったら牛肉を加える。
  3. 肉に火が通ったらアクを取り、溶き卵を回し入れ、半熟で火を止める。
  4. 器に盛り、三つ葉を散らして好みで粉山椒をふる。

三つ葉がなかったので色みが寂しくなってしまいましたが・・・だしときのこから出るふわっと優しいいい香りは日本食ならでは。牛肉との相性もよく、ごはんにあうおかずの出来上がり。ごはんの上にのせて山椒をパッパッとふってどんぶりにしても美味しそうです。なかなか予約が取れない人気料理店の味、よかったら試してみてください。

ランチに作ったリゾットは少し残しておきライスコロッケならぬリゾットコロッケに!

DSC_0179

食べやすい大きさに丸めたリゾットのまわりを牛肉で包みカラッと揚げたリゾットコロッケはおつまみに最高!

DSC_0176

今夜はお刺身、サラダと一緒に。こういうちょこちょことつまみながら時間をかけて食べるごはんが大好きです!
慌ただしい毎日だからこそ夜ごはんはゆっくり食べたい、これ理想です。

笠原将弘の毎日食べたい和食のおかず

価格:1,620円


2014-07-13 | Posted in JUN'S COOKINGNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA